入院を必要としない火傷治療とは?

subpage1

同じ病気やケガであっても、軽傷や重傷などによっては手術が必要である一方で、医療機関に受診せず自宅療養で回復が見込めることは多いものです。


火傷治療も同じで入院や通院が必要なレベルから、医療機関にかからずにすむ軽症の火傷などは多いものだけに、どのように治療をすればよいか知っておくと、回復もそれだけ早くなります。


火傷には皮膚が損傷を受けた深さによって、1度熱傷、浅達性2度熱傷、深達性2度熱傷、3度熱傷に分類されます。

このなかで入院を必要としない軽症の火傷は、1度熱傷、面積が全身の15%未満の2度熱傷、面積が2%未満の3度熱傷とされています。
1度熱傷は、表皮の部分のみが損傷した火傷で、赤みや痛みの症状は数日間で治まるなど、最も頻度が多い症状です。



それだけに書けど治療は家庭での処置で十分であり、最上層の皮膚をしっかり手当すれば時間とともに自然回復します。
浅達性2度熱傷は水ぶくれができる火傷で、通常であれば1〜2週間で治り、火傷の跡も残らずに済みます。

できものの治療についての情報を簡単に探すことができます。

深達性2度熱傷になると、水ぶくれの底の真皮が真っ白になり、治るまで3〜4週間かかります。


これらの原因には長時間の日焼けや沸騰したお湯などに触れたなどのケースが挙げられます。

この場合の火傷治療は、手足、股、顔以外に負った場合は、1度熱傷と同じ処置で済み、水ぶくれが敗れた場合などは局部に軟骨やなどを塗って対処します。
3度熱傷は皮膚が壊死し色が変色したり炭化したりするため、治るのに数か月かかります。

教えて!gooの情報ならこちらを参考にしてください。

そのため3度熱傷は重傷の火傷に分類されますので、基本的に医師による火傷治療が必要です。

知識を増やす

subpage2

お料理などをしていると火傷することはよくありますが、少しの火傷なら冷やすだけで痛みが治まったりすぐに治ったりします。しかし、重度の場合は病院で特別な火傷治療が必要となります。...

next

関連情報

subpage3

火傷をしてしまった場合には、火傷治療後の跡を残さないためにいくつかポイントがあります。また、火傷にも種類があり、軽度から重症度まで様々で程度によって火傷治療の方法が異なります。...

next

医療入門

subpage4

火傷の跡を残さないようにするためには、火傷してから6時間以内に適切な対処を行うことが重要になります。ただし、軽度の場合のみに限るため、水ぶくれなどができてしまった場合には、どんな対処を行っても跡が残る可能性があります。...

next

基本知識

subpage5

乳幼児の家庭内でも事故で最も多いのが火傷です。高温のものに触れてしまったり、熱湯を被ってしまうなどの恐れがあります。...

next